プリリジーやポゼットに含まれるダポキセチンの効果

ダポキセチンとは早漏に対して効果のある成分です。
早漏は男性が性行為のさいに短時間のうちに射精してしまうことを指しますが、ダポキセチンを服用することで射精までの時間を延長することができます。

そもそも射精のプロセスとしては、ノルアドレナリンの影響があり性的刺激によってノルアドレナリンが増加することで射精に至るというものです。
このノルアドレナリンを制御するための脳内物質としてセトロニンがあり、早漏の原因のひとつとしてこのセトロニンが不足することで射精のコントロールができずに至ってしまうというものです。

ダポキセチンの働きとしては、セトロニン再取り込み阻害薬(SSRI)に分類され、脳内の神経伝達物質であるセトロニンの再吸収を阻害することで濃度を高めるというものです。
この作用の結果ノルアドレナリンの分泌を抑制することができるというものです。
いわゆる興奮状態を鎮めるもので射精時間が延長されますが、ダポキセチンは他のセトロニン再取り込み阻害薬と比べて特異的に射精中枢に作用するため早漏に対してのみ効果を発揮します。

効果としては射精時間が約3倍から4倍ほど伸びるとされ、薬を服用するタイミングは性行為を行う1時間から3時間前です。
これは1時間から3時間程度で血中濃度が最高となるためで、その後4時間から5時間ほど効果が持続します。
またダポキセチンは食事制限を受けませんし1日あたり90mgまで服用することが可能で、これらを分けて1日2回まで服用することができます。

ダポキセチンを含む早漏治療薬としてはプリリジーがもっとも知られています。
プリリジーは世界初の服用するタイプの早漏治療薬として発売されたものです。
またポゼットはプリリジーのジェネリックとして発売されたものでプリリジーよりも安価に購入することができます。
プリリジーを含めてダポキセチンは日本では承認されていない医薬品であるため日本ではクリニックや薬局で手に入れることはできません。

プリリジーやポゼットはネットで買う人が多い

ダポキセチンは日本では未承認の薬であるためプリリジーもポゼットも取り扱っている専門クリニックや個人輸入代行やネット通販を利用することになります。
ただし国内で販売されるネット通販は残念ながら薬事法で規制されているもので国内発送の薬に関しては利用しないのが無難です。
またクリニックも海外から輸入して販売されているので高価です。
そのような背景から購入するのであれば個人輸入代行が選択肢として残ります。

個人輸入代行とは個人輸入をサポートしてくれる業者のことです。
海外からの医薬品は自己で使用するのであれば購入することが可能です。
自己で使用するという基準は曖昧なところですが、一般的には1ヶ月から2ヶ月程度の量というものです。
ただいずれにしても個人で輸入し販売目的でなければ法律に罰せられることはありませんから気軽に海外から医薬品を購入することができます。
また個人輸入代行の業者といっても日本語に対応しており、日本国内のネット通販と変わらない感覚で購入することができるのでおすすめです。

一方で気になる価格はプリリジーの相場としては6錠入り1箱で14,000円ほどで1錠あたり2300円以上するなど非常に高価です。
国内で扱っているクリニックでも全額自己負担となるので、薬代だけで2000円以上しますし初診料や検査料なども発生するので個人輸入の方が費用を抑えて購入ができます。
一方で高価なプリリジーですが、同じ成分、同じ効果があるジェネリックのポゼットは10錠入り1箱が1,300円と10分の1で購入が可能です。
特にダポキセチンは即効性よりも継続的に使用することでより高い効果を発揮するのでポゼットで定期的に服用することで高い早漏改善の効果を得ることができます。